初夏の旬。

気温の高い日が増えてきて、お店に並ぶ旬の青果も少しずつ夏らしくなってきましたね。


私は食材は基本的に食材を利用しているのですが、少し野菜を買い足したい時など、

最近はスーパーマーケットではなく近所にある農家さんの直売所や農協さんへ出向いています。

品数はそんなに多くないのですが、旬のものや珍しいお野菜も並んでいるので、

その時出会ったお野菜に合わせて献立を決めたりと楽しんでいます。


旬と言えば、今の時期は美味しいそら豆がお店に並んでいますが、先日、そら豆の春巻きを作りました。

こちらは料理家の植松良枝さんのレシピでそら豆の『粒揚げ春巻き』です。

封筒の様な小さな包みの中に薄っすらと透けるそら豆が可愛いらしいですね。


作り方ですが、そら豆の薄皮を向かずに生のまま春巻皮でくるっと包んで揚げたら出来上がり!と、とても簡単。

しっかりした皮の食感のホクホクとしたや柔らかい豆のコントラストが新鮮なお味です。

皮の加熱がポイントでして、揚げる際には低めの温度でじっくりとが成功の秘訣かと思います。


先日、お茶の時間に頂いた『鮎調布』、こちらも初夏を感じるおやつです。


つつむ点心教室natsume棗

つつむ点心教室natsume棗

www.tenshin-natsume.com 『つつむ点心教室natsume棗』はからだに優しく美味しい手作り点心の教室です。 東京都練馬区(西武新宿線武蔵関/JR中央線吉祥寺駅/西武池袋線大泉学園駅)